借金後の名義変更について

借金後の名義変更は、金融会社の同意がなければできません。名義変更とは、契約者を変更することです。法律的には、債務引受と呼ばれ、債権者の債務回収を目的にしたものです。債務引受には債権者の同意・承認が必要になるため、原則として、金融会社の同意・了承を得ることができれば、借金の名義変更も可能になります。しかし、実際には、名義変更を認めてくれる金融会社は少ないとされています。契約者の同意を得ずに他人が勝手に名義を使って借り入れをした場合であれば、契約者からの要求で認められることもありますが、通常であればなかなか認められることはないとされています。たとえ、名義変更が可能になった場合であっても、新しい債権者へとそのまま債務が移行されるわけではないため、新たに契約者となる人の審査が必要となります。さらに、変更の手続きを行うよりも借り換えという方法で代わりに支払ったほうが手続きが楽になるため、代わりに返済する人が新たに借り入れを行って、そのお金で返済する方法が現実的です。借り換えローンを利用することで、より低金利のものに乗り換えることが可能です。元本は変わりませんが、返済利息額を減額することが可能です。

 

借金は目的による?メリットについて

世間からは借金に対してあまり良いイメージを持たれていません。しかしながら目的によっては借金はとても便利でメリットがある事とも言えるのです。そして特にメリットがあると言えるのが住宅を購入する場合です。住宅ローンを組む方は世の中に沢山いますが、借入にも関わらずあまり悪いイメージを持たれません。その理由としては良い借金だからです。住宅ローンは低金利の場合が多い為、借入をする金額の割には大きな利息は付きませんし、そして銀行は確実に返済できるであろう金額しか貸してくれませんので、返済できずに苦労するリスクも小さく済みます。そして万が一、返済ができない場合は不動産を失えばすべて問題を解決する事ができますので、借金と言ってもそれほど悪いイメージを持たれる事がないのです。また、住宅ローンを組めたという事は銀行からの信頼が得られたという事ですし、社会的な信用を得られたという証明でもあります。借金というと悪いイメージが先行しますが、住宅ローンのような目的の場合ですとプラスに作用する事があると言えます。ですから単純に全ての借入が悪いイメージを持たれる訳ではありませんし、時には個人の信用度をアップさせる為の良い存在にもなってくれるのです。

更新履歴